名古屋市西区 内科・消化器内科・小児科・皮膚科 かなもと内科クリニック

じんましん

じんましんとは

皮膚の一部に赤い膨疹ができて、かゆくなる病気です。
多くの場合は数時間、長くても数日で治ります。

じんましんの原因と症状

食べ物(卵、牛乳、そば、小麦、甲殻類、肉、青魚など)、お薬、物理的刺激(皮膚のこすれ、寒冷、温熱、日光、衣服などの接触)、疲れ、ストレス、など、あらゆるものが原因となります。
蚊に刺されたような膨疹が特徴ですが、広範囲に広がることもあります。
顔、体幹、四肢などあらゆる所にできます。

アトピー性皮膚炎の治療と対策

お薬やかゆみ止めの塗り薬を使います。症状がひどい場合には点滴をします。

アナフィラキシーショック

重症になると、空気の通り道である気道がむくんで空気の通りがわるくなり、呼吸が苦しくなることがあります。じんましんになった場合は早めの受診をお勧めします。

アクセス

かなもと内科クリニック
〒 452-0845名古屋市西区中沼町51番地052-325-6081

お知らせ

クリニックブログ