名古屋市西区 内科・消化器内科・小児科・皮膚科 かなもと内科クリニック

胆のうポリープ

胆のうポリープとは

胆のうには、肝臓で作られた消化液を一時的に貯蔵する役割があります。
胆のうの中にできるポリープを胆のうポリープと言います。
多くの場合は無症状で、健診などの腹部エコーで偶然に見つかることが多いです。

胆のうポリープの診断と治療

腹部エコーで診断をします。

基本的に良性ですが、以下の場合には詳しい追加検査が必要となります。

  • 大きさが10mm以上
  • 10mm以下でも毎年大きくなる
  • 形状からがんの疑いがある

胆のうポリープが見つかった場合は毎年腹部エコーで変化があるかどうかを確認する必要があります。

アクセス

かなもと内科クリニック
〒 452-0845名古屋市西区中沼町51番地052-325-6081

お知らせ

クリニックブログ