名古屋市西区 内科・消化器内科・小児科・皮膚科 かなもと内科クリニック

おなかのけんさ②

今回はおなかのけんさ、それぞれの役割についてお話します。

おなか全体をまんべんなく検査することができるのがCT、腹部エコー、レントゲンです。備えている施設は少ないが詳しく検査できるのがCTです。
多くの施設にあって比較的簡単に検査できるのが腹部エコー、レントゲンです。

胆石に関してはCTよりも腹部エコーの方が発見しやすいと言えます。
MRIはおなか全体というよりは、各臓器にフォーカスして検査をすることが多いです。

これらの検査であまり詳しく検査できない臓器が消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸)です。胃カメラ(胃内視鏡検査)や胃バリウムで食道、胃、十二指腸を検査します。
大腸カメラ(大腸内視鏡検査)で大腸、直腸を検査します。

血液検査は貧血、肝臓、腎臓、膵臓などの異常を調べることができます。

この中で被爆があるのは胃バリウム、レントゲン、CTです。このようにいろんな検査で補いあっておなかを調べることになります。

当クリニックで備えている検査は胃カメラ大腸カメラ、腹部エコー、レントゲン、血液検査です。必要な場合にはCT、MRIを近隣総合病院で直接予約をとることが出来ます。
それぞれの検査をさらに詳しく説明しようとすると長文になってしまいます。

来院時にお気軽に相談していただければ、目的や症状に合わせて適切な検査を提案いたします。


アクセス

かなもと内科クリニック
〒 452-0845名古屋市西区中沼町51番地052-325-6081

お知らせ

クリニックブログ