名古屋市西区 内科・消化器内科・小児科・皮膚科 かなもと内科クリニック

夏かぜに気をつけましょう

まだまだ暑い日が続きます。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

かぜといえば、冬のイメージがありますが、夏に流行しやすいウイルス感染症があり、夏かぜといいます。夏に流行しやすいウイルスは高温、多湿を好みます。

夏は猛暑の屋外、エアコンの室内で温度差が大きくなり体温調節が難しくなります。暑さによる汗で体内の水分バランスも崩れやすく、食欲も減り免疫が低下しやすくなります。手洗いをしっかりする、エアコンを賢く利用する、できるだけ食べやすい食材を活用するなどして予防するのが良いでしょう。

下痢でお腹のかぜになった時は、食事を我慢してしまうと体が脱水になってしまいます。
下痢止めで急激に下痢を止めてしまうのも、お腹の中にウイルスがこもることになり、病状が長引く原因となります。のど、お腹のかぜになった時は受診しましょう。

当院では夏バテに漢方、点滴なども用意しています。お気軽にご相談ください。


アクセス

かなもと内科クリニック
〒 452-0845名古屋市西区中沼町51番地052-325-6081

お知らせ

クリニックブログ