名古屋市西区 内科・消化器内科・小児科・皮膚科 かなもと内科クリニック

男性更年期障害

テストステロンとは

テストステロンは男性ホルモンの一種で主に精巣から分泌されます。筋肉や骨格を作る、脂質、糖代謝を促進する、性機能を維持する役割のほか、脳の認知機能、心理機能にも関係があると言われています。
テストステロンは20歳代をピークに徐々に減少します。

男性更年期障害の原因と症状

原因はテストステロンの減少です。テストステロンの減少は、加齢やストレス(仕事、家庭内の問題、親の介護など)によるものと言われています。
うつ傾向になる、疲れやすい、汗をかく、筋力低下、勃起しない、性行為ができない、不眠、肩こり、イライラ、元気がない、楽しくない、集中力の低下、意欲の低下、などの症状があります。

男性更年期障害の検査と治療

血液検査でテストステロンの量を測定します。
注射、漢方があり、症状に合わせて治療します。

男性更年期障害の対策

ストレスの軽減、前向きで充実感が得られるような生活、適度な運動、バランスの良い栄養摂取、充分な睡眠、などはテストステロンの減少を防ぐことを期待できます。

アクセス

かなもと内科クリニック
〒 452-0845名古屋市西区中沼町51番地052-325-6081

お知らせ

クリニックブログ