名古屋市西区 内科・消化器内科・小児科・皮膚科 かなもと内科クリニック

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症)とは

血液中のLDL(悪玉)コレステロールやトリグリセライド(中性脂肪)が多い状態、またはHDL(善玉)コレステロールが少ない状態をいいます。従来は高脂血症と呼ばれていた病気も脂質異常症に含まれます

脂質異常症の原因と症状

原因は遺伝的な要因、偏った食事、加齢、肥満、運動不足、飲酒、喫煙、お薬、などがあります。
症状はほとんどありません。脂質異常症は動脈硬化の原因となります。動脈硬化は血管の内側にコレステロールなどが付着して血管が硬く狭くなり、血液の流れが悪くなる状態です。動脈硬化が進行すると狭心症や心筋梗塞などの心疾患や、脳梗塞や脳出血などの脳卒中になりやすくなります。

脂質異常症の診断基準(血液検査)

LDLコレステロール140mg/dL以上
HDLコレステロール40mg/dL未満
中性脂肪150mg/dL以上

脂質異常症の治療

脂質異常症のお薬を内服して治療を行います。
動脈硬化の進行を防ぐことが重要となります。

生活習慣の改善

以下のようなことが推奨されます。
・バランスの良い食事をこころがけましょう。
・適正体重を維持しましょう。BMI= 体重kg ÷ (身長m)2 で22が標準体重。
・毎日30分以上の有酸素運動療法を目標にしましょう。
・アルコールを控えましょう。
・禁煙しましょう。
・睡眠、休養をしっかりとって、ストレスをためないようにしましょう。

アクセス

かなもと内科クリニック
〒 452-0845名古屋市西区中沼町51番地052-325-6081

お知らせ

クリニックブログ