名古屋市西区 内科・消化器内科・小児科・皮膚科 かなもと内科クリニック

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは

長期間つづく皮膚の炎症で、良くなったり悪くなったりを繰り返します。
乳幼児期に始まることもあれば、成人になってから始まることもあります。
アトピー性皮膚炎の方は、気管支ぜんそくや花粉症を高い確率で合併します。

アトピー性皮膚の原因と症状

遺伝的なアトピー体質、環境因子(ダニ、カビ、ほこり、汗、皮膚の汚れ、花粉、食べ物、化粧品、せっけん、紫外線、ストレス、疲労、皮膚のバリア機能の低下)が原因です。
症状は皮膚の湿疹とかゆみです。目、口、ほほ、耳のまわり、首、おしり、ひじ、ひざ、などさまざまな場所にできます。

アトピー性皮膚炎の治療と対策

保湿剤、ステロイド軟こう、お薬、漢方などがあり、症状にあわせて処方します。
ステロイド軟こうは強さによって分類されています。炎症の状態、部位、年齢にあわせて処方します。
皮膚の炎症を抑える、皮膚のうるおいを保ちバリア機能を高める、皮膚への刺激を減らす、などの対策が重要です。

保湿剤、ステロイド軟こうの塗り方

まず最初に広い範囲で保湿剤を塗り、その上から患部にステロイド軟こうを重ねて塗りましょう。
化粧をする場合は、何もしていない乾いた状態で保湿剤、ステロイド軟こうの順番で塗りましょう。保湿剤は下地と考えていただくとよいでしょう。

アクセス

かなもと内科クリニック
〒 452-0845名古屋市西区中沼町51番地052-325-6081

お知らせ

クリニックブログ